FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガーXJS エアコン修理

ジャガーXJS エアコン修理


ジャガーXJS 以前コンプレッサーのガス漏れで交換修理をさせて頂いたお客さまからの連絡で、

出先で用事を済ませ車に乗ると急にエアコンが効かなくなったとの事、

入庫して頂き、確認するとコンプレッサーが作動していません、

早速点検すると、コンプレッサのマグネットのハーネスカプラに電圧が5V来ている状態、

マグネットコイルに12Vの電圧をかけるとクラッチが作動してエアコンのラインも冷たく冷える状態です、

ゲージを接続して圧力の状態をチェックすると正常値でガスの不足での故障では無いようです、

マグネットコイルから端子を外した時の電圧は8V になり、

エアコンを切った状態の時は0V に下がります、

ハーネスの部分で不具合が有るようです。




ジャガーXJS エアコン修理


車両側のハーネスを点検すると、室内のコントロール側からの作動は問題ない様で、

エンジンルーム側にコンプレッサーを作動させるリレーがありチェックすると。





ジャガーXJS エアコン修理


リレーを外して確認すると、写真の様に端子が腐食していて接触不良の状態でした、

他に並んでいるリレーの状態も同じ様に腐食していました、

腐食の状態を改善してチェック、コンプレッサーの作動もエアコン状態も良好です、

お客様にも状況を説明しご承諾して頂きました、

ある程度の年数を経過したお車は、故障が発生するリスクが高くなる傾向がありますね。




スポンサーサイト

ジャガーXJS V12

ジャガーXJS V12 エアコン修理


ジャガーXJS V12 エアコン冷えないで入庫です、

点検後、エアコンガスの不足していました、コンプレッサのシャフトシールからのガス漏れが原因です、



ジャガーXJS V12 エアコン修理


コンプレッサをリンク品と交換して、レシーバー(ドライヤー)も新品に交換します。



ジャガーXJS V12 エアコン修理


コンプレッサのクラッチプレートとプーリーの隙間から、エアコンガスとオイルが漏れていて、

ウエスで拭き取ると、写真の様に漏れたオイルが付着しているのが解ります、

エンジンルーム内にも、クラッチの円周上にオイルが飛び散っているので点検時のチェックの目安になります。



ジャガーXJS V12 エアコン修理


リンク品に交換して、修理完了です。

ジャガーXJ12 エアコン修理

ジャガーXJ12 エアコン修理

ジャガーXj12 エアコンの点検で入庫です、



ジャガーXJ12 エアコン修理


エアコンガスが不足の様で、ゲージ圧力も低めでした、

ガス圧が上がるまで補充をして、リークテストに入ります、

目視での点検では大きな漏れはみらなく、

テスターでのチェックを掛けると、コンプレッサ~コンデンサの高圧のホースからのリークの反応が出ます、

修理出来る物でもなく、交換の作業になりました。






ジャガーXJ12 エアコン修理



作業は難度も無くスムーズに進み、完了です、

ホース自体を修理してしまえば部品代の節約になりましたが、

今回のホースは、チェックバルブ付きのホースでしたので、

新品のホースでの交換になりました、

ホースの代金だけで25,000円近くでした、

最近の輸入車のパーツは安価になりましたが、

国産のパーツに比べるとやはり高価になりますね!!




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。